株日記

Sponsored Link

いつまでたっても株初心者。アラフィフ主婦ひろんです。

今週の日経平均株価は、どちらにいくのでしょう?

株取引の期間だけは、長いのですが、いつまでたっても株初心者。
思った方向と逆方向と思った方が、いいかもしれません。

何故に、「いつまでたっても株初心者」と言うのか、株取引を振り返ってみます。

 

株売買の利益は出たのか? 1度目の株取引期間

日経平均株価の膠着状態が続いていると、他の株銘柄に眼がいってしまいます。

 

出来高があって、動きがある株銘柄が見ていても面白いです。

しかし「動きがある株取引の方が面白い」とマザーズやジャスダックの株取引に、2度目の株取引期間に手を出して失敗し、その後、方向転換を図りました。

 

2度目の株取引期間は失敗?
では、1度目の株取引期間は、利益がでたのでしょうか?

 

主婦が株で稼ぐ

私が、1度目の株取引を始めたのは、子供が幼少の頃、『主婦でも在宅で稼げるかも』と始めました。

 

株取引初心者7つの注意点 4 株資金は余裕資金で!資金管理が大事の株ブログ記事でも書きましたが、1987年から株取引を始めました。

 

バブル景気の時で、底値で買えば上がると言われていた時期です。

 

株取引ノートをつけていたので、当時の詳細が書いてありましたが、合計額は以下のようになってました。

  • 1987年 → プラス約¥550,000
  • 1988年 → プラス約¥1,070,000
  • 1989年 → プラス約¥620,000
  • 1990年 → マイナス約¥710,000
  • 1991年~1994年 プラスマイナス 約¥0
  • 1995年 → マイナス¥1,060,000

1989年で停めれば、大幅なプラス!?


Sponsored Link

1989年までプラスですが、1988年に失敗の銘柄を買っています。

 

1987年2月に政府が100%保有していた、【日本電信電話】が株式公開されました。

 

買い注文が多くて値が付かず、初値が160万円で付きました。株価はどんどん値を上げ、300万円を超えました。
しかし、その後220万円位まで値を下げ、株価は上がったり下がったりでしたね。

 

1987年11月に第2回売り出し、255万円の値がついています。
そして、1988年10月に第3回売り出しを、190万円で行いました。

 

第3回売り出し【日本電信電話】

第1回、第2回の売り出し後の株の値動きをみていて、利益がとれると思ったのですが、この目論見がまったくはずれました。

 

よく軍資金があったと思うけど、1987年、1988年と大幅な利益がとれていたので、この利益で買ったんですね。
恐いもの知らずというか何というか、今は、とても190万円の株は買えません。

 

結局、ずっとずっと持ち続けても、【日本電信電話】の株価は下落の一方。
1995年にマイナス¥1,060,000で売っています。

 

1990年のマイナス¥710,000は、証券会社の営業マンの勧めで買った株で、大損しました。

株取引初心者7つの注意点 1 証券会社営業マンの勧誘に注意?でも書いてますが、自分の考えた株で株取引を行うのが一番だと思います。

 

バブルに乗って、初めは利益をだしたけど、結局、神経をすり減らしただけ。
それでも、又々、株式市場に戻ってきて、株取引を行っています。

 

株式市場から、又々、振り落とされないようにと思っていますが、思うようには利益がとれず「いつまでたっても株初心者」と思うわけでございます。

 


Sponsored Link