マヨネーズ


Sponsored Link

こんにちは!アラフィフ主婦ひろんです。

 

10月の株主優待銘柄は、購入しましたか?

私は、つなぎ売りを狙っていましたが、買えませんでした。

 

ちょこちょこ、信用売りの在庫を確認していたのですが、なるべく金利がつかないようにとギリギリまで待っていたので、在庫切れでアウト。

 

つなぎ売りは、本来の「株主優待」の意味とはずれてきてはいるのですが、広がってきている為、目的の株主優待銘柄をつなぎ売りで取得しようとしても購入できないことが増えてきています。

 

【参考】つなぎ売りの記事は、こちら↓です。

➡株主優待のリスクを抑える!注意することは逆日歩?

 

株主優待とは?

Sponsored Link
 

本来、株主優待とは、企業が株式を保有する株主に対して、「自社の株を、持っていてくれてありがとう」という意味合いで、自社製品や割引券などを株主に贈呈することです。

ですので、「株主優待品」目的のつなぎ売りは、本来の趣旨からずれている部分もあります。

 

昨今、株式の継続保有の年数により、株主優待を行う企業も増えてきています。

 

そうは言っても、お目当ての株主優待品を頂くことができるつなぎ売りは、まだまだ広がっていくことでしょう!

 

毎月楽しみな株主優待銘柄ですが、11月はどんな銘柄があるのでしょうか?

 

 

東証1部【2809 キューピー】

業種は食料品です。

設立は、1919年11月。上場は、1970年7月です。

会社設立、まもなく100年になろうという企業です。
 
 
【キューピー】といえば、可愛いキューピー人形がマスコットになっていて、誰でも知っている企業ではないでしょうか?
 
10月25日の終値は2,797円です。1単元100株です。
 
株主優待を受ける場合、現物株を持っていることが必要になります。
1単元100株の株を買いたい場合は、279,700円+証券会社に支払う手数料が必要になります。
 

【キューピー】株主優待

 
 ・株主優待(自社製品)
100株以上  1000円分
 500株以上  2,000円分
 1000株以上 3,000円分
☆権利確定月 11月末日
 
注意点として、100株以上を3年以上継続保有(11月および5月の株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記載)した株主のみに贈呈になります。
 
 継続保有の株主優待品ですので、つなぎ売りではGET出来ません。
 
 

東証1部【7849 マルカキカイ】

業種は卸売り業です。

設立は1946年12月。上場は1998年9月。

 
産機・建機併営の中堅商社です。
産機とは、産業機械のことで、 破砕、リサイクル機器、工事用機械などの大型機械のことになります。
 
日本・アメリカ・中国・東南アジアの4極体制で展開している企業です。

 

10月25日の終値は2,149円です。1単元100株です。

株主優待を受ける場合、現物株を持っていることが必要になります。
1単元100株の株を株を買いたい場合214,900円+証券会社に支払う手数料が必要になります。

 

【マルカキカイ】株主優待

・株主優待内容
100株以上 1,000円相当グルメセット(洋菓子)
500株以上 2,000円相当グルメセット(洋菓子)
1000株以上 3000円相当グルメギフト券
☆権利確定月 11月末日

洋菓子好きなあなたには、ぴったりな株主優待品になりますね。

 

株主優待の権利を得るには、権利付最終日迄に購入

株主優待の権利を得るためには、3営業日前(権利付き最終日)までに、株式を買う必要があります。
2017年11月末日の株主権利確定日であれば、11月27日月曜日が権利付最終日になります。
権利付最終日に現物株を持っていれば、株主優待の権利を得ることができます。
権利付最終日の翌営業日以降であれば、株を売っても株主優待権利はもらえます。

 

つなぎ売りに使用でき逆日歩のつかない一般信用銘柄を一番多く取り扱っているのは、SBI証券です。

 

只、つなぎ売りを行う場合は、コスト(現物買い手数料+信用売り手数料+貸し株料(株値により変わる))がかかります。

 

つなぎ売りは、株主優待品より、コストが低くなければ意味はないと考えます。

 

株主優待内容とコストを比較して、売買するようにしましょう。

Sponsored Link

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。