洋菓子


Sponsored Link

こんにちは!アラフィフ主婦ひろんです。

 

7月26日水曜日は、7月末日株主優待の権利付き最終日です。

7月の株主優待企業は、20数社で、企業数は少ないです。
その中でも、魅力ある株主優待銘柄があります。

スイーツが好きなあなたにおすすめです。

(業種)は、食料品です。

甘いものが好きであれば【モロゾフ】は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

【モロゾフ】は、設立が1931年8月ですので、設立後81年経過しています。
上場は、1974年9月ですので、上場後も40年経過している神戸が本拠のチョコ、洋菓子の老舗です。
 
百貨店内での店舗販売が中心になっており、喫茶・レストランも併営しています。
 
 
7月18日終値は681円です。一売買単位は、1000株です。
 
株主優待権利をとる場合、現物株を持っている必要がありますので、1単位1000株購入する場合、681,000円プラス証券会社に払う手数料が必要になります。
 Sponsored Link
 

【モロゾフ】株主優待内容

 
・株主優待内容
1000株以上
・1000株ごとに1冊(10枚綴り)の割合で優待券を贈呈
※指定店(2016年7月1日現在86店舗)および通信販売でのお買い上げ時に利用可能
・ モロゾフオンラインショップでの優待割引
※指定期間内に2回、20%割引でご購入可能
☆権利確定月 7月末日、1月末日

 又、毎年7月末日現在に1,000株以上を3年以上継続保有の長期株主には、年1回モロゾフ商品(2,000円相当)が贈呈されます。

7月末の優待は10月上旬ごろ発送です。

有効期限は、7月31日割当分は翌年11月30日、1月31日割当分は翌年5月31日です。

 

又、【モロゾフ】は、単元株式の変更と株式併合を行います。
8月以降は、株取引単位が変更になります。

 

◆単元株式数の変更および株式併合に伴う優待基準株式数の変更について
当社は2017年8月1日をもって、単元株式数を1,000株から100株に変更するとともに、 10株を1株に株式併合する予定です。
これに伴い、2017年8月1日より、上記株主優待の基準となる株式数を1,000株から100株に変更いたしますが、実質的な優待内容に変更はありません。

引用元:モロゾフHP

 

参考:株式併合の記事はこちら↓です。

➡株売買単位の変更の理由は?株式併合は株主にとってプラス?

 

スイーツは、疲れを癒してくれますね。

百貨店の喫茶店で、スイーツを食べながら、ストレス解消するのも良いかもしれません。

 

【モロゾフ】の株主優待を手に入れる方法

・証券会社に口座を開設

株取引は証券会社で行います。

株取引を行う場合、証券会社に払う取引手数料が必要になります。

株式取引を始める場合は、ライブスター証券が、取引手数料が最安です。

私も利用しています。

 

参考:こちら↓からライブスター証券の口座が開設できます。

 

 ・権利付き確定日までに株を購入する

モロゾフの権利確定日は7月末日、1月末日です。
株主優待の権利を得るためには、3営業日前(権利付き最終日)までに【モロゾフ】の株式を買う必要があります。
 
権利確定日に現物株を持っていれば、株主優待の権利を得ることができます。
権利付き最終日の翌営業日以降であれば株を売っても株主優待権利はもらえます。
 
株主優待から、株取引をはじめてみるのも楽しいですね。
 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link